文字の大きさ
拡大
標準

医療学部/リハビリテーション心理学専攻

取得学位
学士(リハビリテーション学)
取得資格
産業カウンセラー資格試験受験資格
認定心理士・医療事務※・介護職員初任者研修※・社会福祉主事任用資格
※希望者が夏休みを利用して学内で取得できる資格です。(受講費用が別途かかります)

リハビリテーション心理学とは

リハビリテーションには「魂の尊厳の回復」という意味があります。人間の「からだ」だけではなく「こころ」を支える働きかけの実践こそ「リハビリテーション心理学」といえます。
サイコセラピー(心理療法)をはじめ、各種のアートセラピー(芸術療法)、アニマルセラピー(動物介在療法)などにより、疾病からの回復や自分らしい生活の実現をサポートします。

公認心理師(国家資格)の誕生

2015年秋、心理学を用いた対人援助職としての国家資格が誕生しました。公認心理師は、「学部4年」+「大学院2年」の心理学教育を基本として、国家試験を受けることが想定されています。リハビリテーション心理学専攻は、公認心理師養成の学部(大学)教育を担えるよう準備を進めています。あわせて、新潟リハビリテーション大学大学院において公認心理師養成教育を連続的に行えるように準備中です。リハビリテーション心理学専攻は、この資格取得への第一歩です。

心理学をもちいた援助の対象領域

心療内科、精神神経科領域、児童・高齢者福祉領域、学校(スクールカウンセラー)領域
子育て支援領域、被害者支援領域、更生・矯生領域、産業領域など

学びの特色

1.「こころ」と「からだ」のつながりを重視します。
「こころ」は「からだ」とつながっており、「からだ」を通して「こころ」を知ることも重要です。公認心理師のカリキュラムに「人体の構造と機能及び疾病」が入っていることからもその重要性は明らかです。本学では医療学部という利点を活かし、解剖学、生理学、内科学、小児科学といった医学的知識も学ぶことができます。
2.定員15名を活かして心理学の専門知識がより深く学べます。
心理学実験演習、心理療法序説など心理学の専門科目は主にリハビリテーション心理学専攻の学生が受講するので、15名程度の少人数の授業となります。分からない部分を遠慮なく質問することができ、より深い内容まで学べます。対人援助職に重要なことは人と人とのつながりであり、授業の中でそれを体現しています。
3.資格取得を視野に入れた104時間にもおよぶ心理面接演習を行います。
本学は日本産業カウンセラー協会と提携しており、産業カウンセラー受験資格を取得するために必要な104時間の心理面接演習を行います。カウンセラーとしての基本姿勢や面接技術を身につけるだけでなく、それが単位となり、資格取得につながります。この経験は社会で活躍するための対人関係全般にも活かされます。
4.音楽療法、アートセラピー、アニマルセラピーなどの特色ある技法も学べます。
カウンセリング、サイコセラピー(心理療法)と言われると、1対1で会話をするというイメージが強いかもしれません。しかし、音楽、芸術、動物、化粧などを利用したセラピーも存在し、世界各地で使われています。このような特色ある技法も学ぶことで、対人援助に対する視野をより広げていくことができます。

学生生活4年間の流れ

1年次

幅広い教養を身につける
1年次では、社会人としての応用力を養うために、専門以外の科目も学習し、幅広い知識を身に付けます。
主なカリキュラム(H30年度に特色を生かした変更の予定あり)
教養分野の学習(英語、統計学、体育など)
専門基礎分野の学習(医学:解剖学、生理学など、心理学:心理学概論、臨床心理学など、社会福祉学:社会保障論など)
見学実習
医療施設、老人保健施設、保育園など

2年次・3年次

心理学の専門知識を学ぶ
定員15名を活かした少人数教育
教員と学生とのつながりを重視した授業を展開しているため、より深い内容まで学ぶことができます。
主なカリキュラム(H30年度に特色を生かした変更の予定あり)
基礎心理学関連(心理学実験演習、社会心理学、人格心理学など)
応用心理学関連(健康心理学、家族心理学、教育心理学など)
サイコセラピー(心理療法)関連(心理療法序説、スクールカウンセリング序説など)
各種セラピー関連(芸術・音楽・化粧・動物などをもちいた介入技法)
産業カウンセラー資格取得関連科目(傾聴、面接実習など)
「産業カウンセラー(日本産業カウンセラー協会認定)」
受験資格を取得するための心理面接演習
在学中からこの資格受験が可能となるために、「傾聴」を基礎とする面接技法の実習を行います。傾聴は面接におけるもっとも重要な面接者の態度です。心の支援には不可欠であり、対人関係全般でも活かされます。

4年次

目指す進路に合わせて科目履修
■就職
取得可能な「産業カウンセラー資格」「認定心理士資格」を活かして、様々な職種にチャレンジできます。
■大学院
さらなる学びの深化と公認心理師受験資格の道へ
新潟リハビリテーション大学大学院では、公認心理師養成の大学院教育を担えるよう準備を進めています。
  • 1年次
  • 2年次・3年次
  • 4年次

スペシャリストを育成する2つのプログラム

1.心理実践プログラム
自分、他者、集団、組織、企業など様々なところで心理学は大いに役立ちます。心理学の知識を社会で実践し、活躍できる人材になることを目指します。
2.大学院進学プログラム
大学院進学に向けて心理学に関する研究を科学的・実証的に行います。「公認心理師」や「臨床心理士」などの心を支援するスペシャリストを目指します。

在学生の声

人の思考回路が知りたい

リハビリテーション心理学専攻 1年
敬和学園高等学校出身
小柳 英祐

「人の思考回路が知りたい」と思っていた時、新潟リハビリテーション大学では心理と医療を学ぶことができると知り、大きな魅力を感じました。最初はあらゆることに不安でしたが、先生方や先輩が親しく丁寧に接してくださり、すぐに慣れることができました。また一つ、この大学の魅力を知った気がします。心を閉ざして苦しんでいる患者様方の心を支える公認心理師を目指し、勉強に励むと同時に楽しい学生生活を満喫しています。

心理学のイメージ

リハビリテーション心理学専攻 2年
東京学館新潟高等学校出身
風間 拓弥

理学療法といえばイメージが湧き、経験した人もいるでしょう。それに比べ、心理学という言葉は、よく耳にすると思いますが、具体的にどういうものか分からない人は多いと思います。分からないから、悩みを抱えた方が心理学的な支援(カウンセリング)を受けることをためらってしまうのではないでしょうか?悩みを気軽に打ち明けてもらえるようなイメージを周りの人に持ってもらえるように、私はこの大学で心理学を学んでいます。